スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説第4話

早速更新!

さぼってた分を取り返さないとね!

ちなみにこの記事をみた人は下の記事もご覧ください><

小説第4話どぞ!

                      〜第4話そのペンダントに宿るものとは…?〜

その光で羅とシャラが起きた。

羅「なにしてるんだグラゴ!ってコロッサスだと…!?」

グラゴ「その通りだ!俺もお前と同じで未来から来たんだよ。」

羅「未来からだって!?どうやってきたんだ?」

グラゴ「俺も気が付いたら過去に来てたんだよ。」

羅「お前は俺になにをしようとしてたんだ!?」

グラゴ「お前はそのペンダントのことをなにも知らないようだな。なら教えてやろう。そのペンダントは不思議な力が宿っているといわれている。そしてそれは7種類あるんだ。7種類が全て揃ったときに夢がかなうといわれている。そのうちの一つがお前の持っている赤のペンダントだ。そして俺はそれが欲しい。」

羅「これは特攻部隊に伝わる秘宝だ!渡すわけにはいかん!」

グラゴ「なら力ずくでも取るしかないようだ。」

シャラは寝ぼけている。

シャラ「おやすみなさ〜い。」

グラゴ「しめた!」

羅「シャラ起きろ!」

グラゴ「もう遅い!」

グラゴは寝ぼけているシャラを人質にとった。

グラゴ「こいつとペンダントを交換だ。」

羅「くっ!……。」

羅の心の声「そうか!ペンダントには不思議な力が宿っているといっていた…。もうこれにかけるしかない!」

羅「ペンダントよ!そして特攻部隊よ!俺に力をくれぇーーーー!」

そう言った瞬間ペンダントが光った!

グラゴ「くっ!」

そうして10秒近く経った後にやっと目が明けられた。

そしてグラゴの目に映ったものは想像を絶するものだった。

グラゴ「龍だと!?」

気が付いたらグラゴに人質にされていたシャラの姿がない。

シャラ「ねぇ羅!みてみてー!龍に助けてもらっちゃった。」

羅「そうか!シャラが人質から解放されたなら突っ込める!この龍名前もしらねぇがいまは頼れるのがこいつしかいねぇ!頼むぜ龍!」

謎の龍「承知した。」

そういった瞬間に龍の口から炎が出た!

グラゴ「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

グラゴは塵と化した。

羅「すごいな!ところでお前の名前はなんだ?言葉は喋れるみいだが…。」

謎の龍「私の名前は魁だ。」

羅「魁だって!?魁と言ったら俺のいっこ前の特攻部隊隊長じゃないか!」

魁「覚えてくれていたんだな。嬉しいよ。」

羅「忘れるわけがないだろ!」

シャラ「私たちアリアン目指してるんじゃないのぉ?」

羅「そうだった!魁はアリアンまで飛べるか?」

魁「もちろんだ。だがとりあえず今日のところは寝よう。疲れているだろうしな。」

羅「あぁ。シャラもう一回寝るか!」

シャラ「うん!」

魁を仲間に加えた羅はアリアンを目指すために休息をとった。

                     第4話完

まぁ次はアリアンスタートです!

なんかRSと関係なくなったけど頑張って書きますw

ではノシ
スポンサーサイト

本当に申し訳ない…><

久々の更新っす><

宿題に追われる日々でまったくRSにもINできなくなって他の方にGMを任せたらみんな抜けてしまった…

そろそろGがピンチです…

なので元Gメンor新規の方募集中!

詳細は耳orコメントでお願いします!

では今日はこの辺で><

今日はGv&攻城特集にでもするかな…さらに嬉しい報告

こんちゃー!

フフフ…

嬉しい報告とは気になりますねぇ!

まぁGvと攻城を見終わってからのお楽しみですよ!

まぁとりあえず攻城!どぞ!

2週間前RedStone 11.12.30[00]
670万点で19位!

まぁ土曜日が大晦日だからしょうがないのかねぇ…

そしてSS取り忘れたけど見事勝利!(ほとんど武道さん2人で戦ってました

そしてそれから一週間後…

はいドーン!

RedStone 12.01.07[01]

敗北っ!

しかも約10分…

戦力不足があれですね…

まぁしょうがない!

めげないよ!

負けた後のGHでの会話はこっちのが俺的にあってるわーなどなどの負け惜しみをGメン達と言い合ってました…

まぁしょうがないさ…

そしてGv!

昨日のGvです!

禁断の愛さんとのGvでした!

RedStone 12.01.09[00]

フフフ…735点全部おれですよ!

実はリトルさんを狙ってたら取れました^q^

ついに俺の時代が来た!

さらにここで嬉しい報告!

これですよ!

RedStone 12.01.07[00]

初めての知らない人からの耳ですよ!

これはまじで感動した…

ということでこの辺でノシ

久々の更新!(小説)てか嘉隆s意味わからないす!w

さぁさぁ今日はタイトル通り小説第3話!

飽きないで読んでくれてる方感謝です…

ではどうぞ!

                 〜第3話アリアンに向かう途中〜
羅「おじさんに言われて勢いよく出てきたけどさ…。なにここ…。」

シャラ「さっきからワープポイント入ったりしてるけど同じところ戻ってきちゃうね…。」

羅「てかここどこよ…。」

シャラ「わかんないよ…。同じフィールドってことは確かなんだけどねぇ…。」

羅「くぅ…。っとあそこに爺さんがいるぜ!あの人に聞いてみよう!」

シャラ「さんせー!」

羅「あの〜。すみません。」

謎の爺さん「なんだね?」

羅「オアシス都市アリアンという街を探しているんですけど…。道わかりますかね?」

謎の爺さん「あぁ。わしも今から行く途中じゃったんだ。一緒に行くか?」

シャラ&羅「お願いします!」

謎の爺さん「ちなみに君たちの名前は?」

羅「俺が羅でこいつがシャラです。」

謎の爺さん「わしはグラゴじゃ。よろしくな。」

羅&シャラ「よろしくお願いします!」

グラゴの心の声「羅か…。面白くなりそうじゃ…。」

そして3時間後〜

シャラ「まだつかないの…?」

シャラは少し疲れているようだ。

羅「大丈夫か?」

グラゴ「もうすぐある塔につくはずじゃ。」

羅「グラゴさん。俺らが目指しているのは塔じゃなくて街なんですが…。」

グラゴ「安心せい。塔を登らないといけないのじゃ。」

シャラ「そうなのぉ…。」

シャラはがっかりした。

グラゴ「登るといっても少しじゃから安心せい。」

シャラ「は〜い。」

そして謎の塔3階

シャラ「もう疲れたよぉー!」

グラゴ「あとは下るだけじゃ。下ればすぐに小さな街がある。そこにとりあえず行こう。」

シャラ「ここで休もうよ!ね?」

羅「グラゴさん。ここで少し休憩しませんかね?」

グラゴ「分かったわい。」

グラゴの心の声「ここならだれも来ないはずじゃ。さっさと片付けようかのぉ…。」

グラゴ「もう夜じゃ。ここで寝ないか?」

シャラ「さんせー!」

羅「まぁシャラがいうなら…。」

グラゴ「ではねるかのぉ。ぐこぉぉぉ。」

シャラ「グラゴさんもう寝ちゃったよ。」

羅「俺たちも寝るか。」

シャラ「うん!」

そして1時間後〜

グラゴの心の声「羅はもう眠ったかのぉ…。」

そしてグラゴは起き上がった。

そしてグラゴはなんとコロッサスに変身した!

グラゴ「羅というやつは特別な力を持っているペンダントを持っているという噂が未来で流れていたな。そのペンダントを売ればボロ儲けだぜ。」

実はグラゴも昔は未来にいたコロッサスだったのだ!

なぜ過去に来たのかは分からない。

そしてそのペンダントをグラゴが奪おうとしてペンダントに手が触れた瞬間まばゆい光が出た!

                   第3話完!
なんか正直自分でもできはよくなかった…。

まぁ次回頑張ります!ノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。