スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説第4話

早速更新!

さぼってた分を取り返さないとね!

ちなみにこの記事をみた人は下の記事もご覧ください><

小説第4話どぞ!

                      〜第4話そのペンダントに宿るものとは…?〜

その光で羅とシャラが起きた。

羅「なにしてるんだグラゴ!ってコロッサスだと…!?」

グラゴ「その通りだ!俺もお前と同じで未来から来たんだよ。」

羅「未来からだって!?どうやってきたんだ?」

グラゴ「俺も気が付いたら過去に来てたんだよ。」

羅「お前は俺になにをしようとしてたんだ!?」

グラゴ「お前はそのペンダントのことをなにも知らないようだな。なら教えてやろう。そのペンダントは不思議な力が宿っているといわれている。そしてそれは7種類あるんだ。7種類が全て揃ったときに夢がかなうといわれている。そのうちの一つがお前の持っている赤のペンダントだ。そして俺はそれが欲しい。」

羅「これは特攻部隊に伝わる秘宝だ!渡すわけにはいかん!」

グラゴ「なら力ずくでも取るしかないようだ。」

シャラは寝ぼけている。

シャラ「おやすみなさ〜い。」

グラゴ「しめた!」

羅「シャラ起きろ!」

グラゴ「もう遅い!」

グラゴは寝ぼけているシャラを人質にとった。

グラゴ「こいつとペンダントを交換だ。」

羅「くっ!……。」

羅の心の声「そうか!ペンダントには不思議な力が宿っているといっていた…。もうこれにかけるしかない!」

羅「ペンダントよ!そして特攻部隊よ!俺に力をくれぇーーーー!」

そう言った瞬間ペンダントが光った!

グラゴ「くっ!」

そうして10秒近く経った後にやっと目が明けられた。

そしてグラゴの目に映ったものは想像を絶するものだった。

グラゴ「龍だと!?」

気が付いたらグラゴに人質にされていたシャラの姿がない。

シャラ「ねぇ羅!みてみてー!龍に助けてもらっちゃった。」

羅「そうか!シャラが人質から解放されたなら突っ込める!この龍名前もしらねぇがいまは頼れるのがこいつしかいねぇ!頼むぜ龍!」

謎の龍「承知した。」

そういった瞬間に龍の口から炎が出た!

グラゴ「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

グラゴは塵と化した。

羅「すごいな!ところでお前の名前はなんだ?言葉は喋れるみいだが…。」

謎の龍「私の名前は魁だ。」

羅「魁だって!?魁と言ったら俺のいっこ前の特攻部隊隊長じゃないか!」

魁「覚えてくれていたんだな。嬉しいよ。」

羅「忘れるわけがないだろ!」

シャラ「私たちアリアン目指してるんじゃないのぉ?」

羅「そうだった!魁はアリアンまで飛べるか?」

魁「もちろんだ。だがとりあえず今日のところは寝よう。疲れているだろうしな。」

羅「あぁ。シャラもう一回寝るか!」

シャラ「うん!」

魁を仲間に加えた羅はアリアンを目指すために休息をとった。

                     第4話完

まぁ次はアリアンスタートです!

なんかRSと関係なくなったけど頑張って書きますw

ではノシ
スポンサーサイト

トラックバック

http://habanero02.blog.fc2.com/tb.php/29-62e94f7b

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。